犬のしつけ教室が一番いい
犬のしつけ教室が一番いい
ホーム > 慢性前立腺炎 > 慢性前立腺炎の症状と治療法

慢性前立腺炎の症状と治療法

慢性前立腺炎は細菌に感染することで発症する細菌性前立腺炎と、非感染で発症する非細菌性前立腺炎があります。どちらのケースも頻尿や残尿感、排尿痛などの症状が出て、勃起障害の症状が出る場合もあります。

慢性前立腺炎の治療法は細菌性と非細菌性によって違いがあり、細菌性の慢性前立腺炎は抗生物質を投与する薬物療法で治療を行います。しかし、慢性前立腺炎は抗生物質が効かないことが多く、症状によっては、漢方薬やセルニルトンなどが投与されます。排尿痛などの痛みがある場合には、鎮痛剤や抗炎症薬などで痛みを鎮静させます。

非細菌性の慢性前立腺炎は原因不明の病気であるため、有効的な治療法は確立されていません。非細菌性の慢性前立腺炎の治療では医師の診察に基づき、医師の判断によって最適な治療法が行われます。対症療法的な治療になりますので、完治することは難しいです。

このように慢性前立腺炎の治療法は薬物療法が中心になりますが、前立腺マッサージや温熱療法が行われる場合があります。前立腺マッサージをすると前立腺の働きが良くなり、おしっこが出やすくなります。温熱療法は前立腺を温める療法であり、前立腺の働きを良くする効果が期待できます。慢性前立腺炎 完治